背中ニキビの原因は私生活にも?

あなたは背中ニキビの原因をご存知ですか?

 

私は仕事で帰りも遅いので、寝る時間といったら夜中の1時、2時は当たり前。
朝も6時起きですから毎日寝不足ぎみです。

 

食事も帰宅時間が遅いことから、コンビニやファーストフードが多いです。
ひどい時は、お菓子をちょっと食べて済ませてしまうことも…ヤバイ><

 

脂っこい唐揚げ

 

また、仕事のストレスからか休みの日には、カツ丼やラーメン、唐揚げなど大好きなものを何も考えず食べていました。
それくらいしないとやってられません(笑)

 

「電車に乗ってそのままどこかに行ってしまいたい!」

 

と、毎朝電車にゆられながら考えています。
一度くらい本当に会社サボって、電車の旅に行っちゃおうかな・・

 

 

 

 

そりゃあ、仕事の愚痴もツイッターでつぶやきたくもなりますよ、ほんとっ。

 

まぁ、愚痴はこの辺にしておいて、背中ニキビの原因になりそうなこと山積みな私です。

理想的な睡眠時間とは

 

本当は睡眠時間も平均6〜7時間は取りたいところですが、こればっかりは仕事を変えるしか方法が見当りません。。

 

ちなみに、年齢によって理想的な睡眠時間があるんですよね。
以前テレビで観たことがあるのですが、年齢が高くなるにつれて推奨睡眠時間は短くなるようです。

年代別、理想的な睡眠時間

  • 新生児(0〜3カ月): 14〜17時間(以前のデータでは12〜18時間)
  • 乳児(4〜11カ月): 12〜15時間(以前のデータでは14〜15時間)
  • よちよち歩き(1〜2歳): 11〜14時間(以前のデータでは12〜14時間)
  • 未就学児(3〜5歳): 10〜13時間(以前のデータでは11〜13時間)
  • 就学児(6〜13歳): 9〜11時間(以前のデータでは10〜11時間)
  • ティーンエージャー(14〜17歳): 8〜10時間(以前のデータでは8.5〜9.5時間)
  • ヤングアダルト(18〜25歳): 7〜9時間(新たな年齢カテゴリー)
  • 成人(26〜64歳): 7〜9時間(変更なし)
  • 高齢者(65歳以上): 7〜8時間(新たな年齢カテゴリー)

引用元:眠れていますか? 各年齢別のベストな「睡眠時間」がありました

 

私が行った食生活の見直しとは。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

背中ニキビの原因は私生活にも?関連ページ

【汚い画像に注意】背中ニキビの治し方、体験談レビュー(3つのポイント)
あなたもひとりで背中のニキビで悩んでいませんか? 背中ニキビは「保湿」「専用石鹸」「食事」この3つの方法で改善することができるんです! 10年以上背中ニキビに悩まされ続けてきた私が実践した方法を、体験談を交えてお話ししていきます。
背中ニキビが原因で辛い温泉旅行の思い出
背中ニキビが原因で水着が着れなくてプールに行けない苦い経験
「背中ニキビがあると、プールも楽しめないのかぁ…」私も背中ニキビがあるせいで、つらかった経験があります。友人に誘われてプールに行ったときのことでした。
背中ニキビで約3ヶ月、病院治療を続けた結果とは?
ジュエルレインを実際に使ってみたレビュー&口コミはこちら
ボディーソープの危険性、合成界面活性剤とは!?
ニキビ専用の石鹸Non A(ノン・エー)レビュー、口コミはこちら
背中ニキビケアスプレー「メルシアン」レビュー、口コミはこちら
背中ニキビのケアをしてくれる「メルシアン」というスプレータイプの商品をご存知でしょうか。 価格帯は少し気になりましたが、背中ニキビで悩みを持っている私は使ってみることにしました。 終盤には、私の感想を踏まえた口コミを掲載しています。
背中ニキビで私が行った食生活の見直しとは?
一人で背中のクリームやジェルが塗れない人におすすめです
背中ニキビが治った人の体験談はこちら
私は、背中にニキビや赤みなどがありけっこう悩んでいました。背中というと顔など見えないところだし…と言われる方もいますが、実際に背中ニキビがある人にとっては大きな悩みですし、普段見えないところだからこそ、いざという時に見られてしまう場合、「相手にどう思われるか」「恥ずかしい」などという思いがよぎるわけです。